知的財産

知的財産

代理人なしで米国特許商標庁へ手続きする簡単な方法

国際商標登録(マドプロ)は現地の代理人を介さずに手続きすることができますが、拒絶理由が通知された場合は、現地の代理人を介して手続きを行うのが原則です。 ところが米国の場合、現地代理人を介さずに直接USPTO(米国特許商標庁)に対して手...
知的財産

キャラクター生地をハンドメイド加工して販売することを「おかしい」と思える感覚

手芸店で販売されているキャラクターがプリントされた生地を使ってバッグなどを作ること自体は何ら違法ではありません。 問題になっているのは、そのようなハンドメイド加工品を販売する行為が著作権の侵害に該当するかどうかということです。 ...
知的財産

リスクマネージメントのために特許を出願しておく

企業活動をしていれば必ずと言っていいほど特許のトラブルに見舞われます。 特許のトラブルを完全に回避できる方法があれば良いのですが残念ながらそのような方法はありません。 したがって特許のトラブルが必ず起こるという前提でリスクマネー...
知的財産

数字で見るチャイナプラスワンの出願状況

チャイナプラスワンとしてインドネシア・タイ・マレーシア・ベトナムへの進出が加速していますが、知的財産の出願件数も増えています。 これらの国では特許出願件数も多いのですが、意匠登録出願の件数も多いということです。 出願件数の30%〜40...
知的財産

特許の取得は目的なのか手段なのか

企業経営にとって、特許の取得は、例えば、他社の排除、ライセンス、技術防衛、プレステージという目標を達成するための一つの手段に過ぎません。 ところが特許の取得が簡単ではなく手続き自体も複雑であるため、特許を取得することに価値があるという...
知的財産

著作権侵害は誰にとって悪なのか

他人のコンテンツを無断でコピーしたり配布したりすることを著作権法では侵害と規定しています。 著作権を侵害する「複製」等の行為は刑事罰の対象にもなる悪質な行為ですが、本当に著作権侵害は悪いことなのでしょうか。 コンテンツを...
知的財産

中国保税区で製造したOEM製品を輸出する行為は商標権侵害にならない?

日本企業が中国でOEM製品を製造する場合の一つに保税取引きがあります。 来料加工貿易と言われる保税取引きは、保税で材料を輸入し保税で製品を輸出できるため、関税や増値税の問題から開放されるというメリットがあります。 中国国内でOE...