知的財産

知的財産

70年前の著作権を相続しているかもしれない

これまで著作者の死後50年とされていた著作権の保護期間が2018年12月30日施行のTPP法改正により原則、著作者の死後70年に変わりました。 不動産等と同様に相続の対象になる著作権ですが、ほとんどの著作権は何ら処理されずに法定相続人...
知的財産

同じデザインを使い続けると最強のブランドを手に入れることができる

製品の機能を改良し続けることは必要ですが、デザインは新しさを求めずに同じ形を使い続けることが大事です。 累積的に進歩する技術に対して20年程度の周期で繰り返すのがデザインです。 20年前の技術が良いということはありませんが、20...
知的財産

商標登録出願ではなく中国で著作権登録をすすめる理由

商標制度の間隙を突かれたトラブルが中国で発生しました。 商標制度は商品・サービスごとに独占権を付与します。 全ての商品・サービスについて独占権を得たい場合は、全ての商品・サービスに対して商標登録出願を行う必要があります。 ...
知的財産

現地に特許がないなら技術供与をしてはいけない

海外企業と業務提携を進めてよいかを判断するためのメルクマールの一つは現地に特許等の知的財産権を保有しているかどうかです。 企業が業務提携を打診する理由は、自社にない技術資産を手っ取り早く取得するためです。 提携先企業に技術を供与...
知的財産

ランチェスター式出願戦略のすすめ

弱者が強者に勝つためのランチェスター戦略とは、戦うべき市場を絞って、その市場でトップになることです。 ランチェスター戦略を特許戦略に当てはめると、戦うべき技術分野を絞って、その技術分野でトップになること、になります。 ランチェス...
知的財産

中国を攻略するための模倣品対策

中国の模倣品対策のために特許や商標を中国へ出願するのは当然ですが、中国の模倣品対策を成功させるためには中国へ出願するだけでは不十分です。 世界の工場である中国からは世界中に模倣品が流通します。 模倣品の流通経路の上流に位置する中...
知的財産

提携・合併解消を視野に入れた中国知財戦略

2015年に発表された中国製造2025は、「2025年までに世界の製造強国入り」というロードマップを示しています。 中国製造2025を実現するためにすでに数多くのプロジェクトが実施されており、これらのプロジェクトを推し進めるために日本...