日本人が好きな契約書の形

法務

契約書嫌いの日本人から見た契約書の理想形は、何も書かないこと、だということができます。

相手が何を言おうとしているのかを「察し合う」ことを美徳とする日本では、契約書においても、露骨な意見主張を回避し、相手が何を考えているのかを察し、トラブルがあったときには互譲の精神を以て解決するという一文で締めくくるのが大人の契約書であり、ハッキリものを言うのが当然という米国のような国における契約書のように、こんなことまで書かなければならないのかと思わせるほどに露骨に意見主張を表現した契約書は、日本人からみると大人げないと思ってしまうものです。

 

何も言わないこと、何も書かないことが大人の振る舞いである日本に対して、米国のような国では、何も言わないこと、何も書かないことは、すなわち自らの意見主張を表現することができない、思考力を備えていない子供の振る舞いとして映るわけです。

 

ただし、「察し合う」ことができるためには、お互いに高度な思考力が要求されます。

同質性の高さが自慢だった日本でも次第に多様性が求められるようになり、そうなると高度な思考力を以てしても「察し合う」ことがある意味難しくなってきていることも事実です。

 

大人げないかもしれませんが、米国のような契約書が日本でも求められているのかもしれません。