意見・証拠を提出する

侵害するかどうかは特許法等の法律に基づいて判断されます。

並行輸入や無効理由の存在等、技術的・法律的に高度の内容が争点になります。

弁理士等が作成した鑑定書を提出することが一般的です。

輸入しようとする貨物が知的財産権を侵害するかどうかの判断は極めて短い期間で行われます。

したがって輸入者には限られた期間内に迅速な対応が求められます。